yuen

0408666
Thank you for 400,000 hits.
オンライン小説サイトyuenへようこそ。
ご訪問ありがとうございます。

ここには、オリジナル小説を短編から長編まで取り混ぜておいてあります。
ジャンルは主にフォアライアという世界を舞台にした、ファンタジーと呼ばれるもの(Swords & Sorcery)です。

何を読もうか決まっていない初めての方はこちらの案内をどうぞ。






更新情報 / 現在進行中作品
~ 誰か、気にしてくれますか? ~



>>>お願い<<<
この管理人は、強調点が大好きです。
何かというと打ちたがります。
しかし、htmlファイル上では強調点はできません
(ルビはできますがIEのみ対応…多分)。
仕方がないので、イタリック(斜め文字)で表現していますが、
本来その上には強調点が打たれていると思ってください
書いた人間にしか意味がないであろうささいなニュアンスの違いですが、
お心にとめておいていただけるとありがたいです。


簡易設定
フォアライア  果てのなき広大なる世界フォアライアについて。
作品一覧
(新→旧)
  《長さの目安》
★:400字詰め原稿用紙で十~数十枚
★★★:同数十~百枚程度
★★★★★:文庫本数冊以上
《単独でも読めるか》
◎:単体作品、
または第一弾
○:関連作はあるが、
絡みは薄い
△:関連作との絡みが
多い
《シリーズ何作目?》
シリーズ名+数字
単:単独作品
番:番外編
過:過去編
 
翡翠の時軸 ★★★★★
(進行中)
ビナレス二期(2)  復旧中の下町で彼が出会った銀髪の少女は、果たして何者なのか。
クレイア姫の翡翠 ★★★★☆ ビナレス(5)  翡翠に関わる「使命」が、彼をかの魔除けと古代王家の物語に巻き込んだ。
竜守りし者 ★★★★★ 竜(3)  独りとなった身寄りのない少女は、しかし独りではなかった。
 竜シリーズ第三弾。
クレイフィザ・スタイル ★★★☆
短~中編集
(長さは一編の平均です)
 最新型のアンドロイド、LJ-5th。「リンツェロイド」と呼称されるそれらの作製、メンテナンス等を請け負う個人工房〈クレイフィザ〉に、様々な客が訪れる。
 現在、エピソード25まで。1~4は電子書籍化。→電子書店パピレス
氷の長き眠り ★★★☆☆ ポーティ(2)  吟遊詩人と異国の騎士は、「氷」の一語を手がかりにその洞窟へ向かった。
 ポーティ・シリーズ第二弾。
アバスターの継承者 ★★★★★  ナイリアン国の田舎で忙しいながらも平和に過ごしていた若者の日常は、ある日突然、急展開を迎えることになる。
 独立長編。
自転車サンタ ★★☆
短~中編集
(長さは一編の平均です)
 現代日本を舞台にした、自転車に乗るサンタの物語。
 独立。第一部は十代の少年少女と新米サンタのお話で、第二部からはファンタジー風味が強めに。
人形と円舞を ★★★☆  子供を慰めるために歌を歌ってくれという、それは単純な依頼のはずだった。吟遊詩人と魔術師の、運命の年の物語、第二弾。
 ビナレス・シリーズ番外編。第一弾及び「月の花」読了推奨。
船と海賊 ★★☆  港町で出会った少年は、人ならざる不思議な雰囲気を持っていた。伝説の船〈黄金の隼〉号とは。
 短~中編集。こちらの歌詞と設定からインスパイア。→【巡音ルカ】パイレーツ・ララバイ【オリジナル】(ニコニコ動画)
氷の塔の姫君 ★★★☆☆ ポーティ(1)  素敵な物語を探して旅に出た吟遊詩人は、塔に眠るお姫様御話を聞く。
 ポーティ・シリーズ第一弾。単独でも問題ないが、他シリーズとの繋がりもあり。
守りの剣 ★★★☆☆  わずかな魔力が自分の運命を翻弄すると、彼は半ば諦めていた。
「深の予言書」番外編。本編読了推奨。
深の予言書 ★★★★★ ビナレス二期(1)  師匠から「一人前」と認められた少年薬草師は、父と暮らした町を離れて旅に出ることにする。そのとき、運命の輪は既に回りはじめていた。
 ビナレス・シリーズ第二期第一弾。
偽りの楽園  彼女は認められ、祝福されて去った。笑って見送り、忘れるしかなかった。
 SF風味。独立短編。
 こちらの歌詞からインスパイア。→【巡音ルカ】碧空のレジスタンス 【オリジナル】(ニコニコ動画)
幻夜の影 ★★★★★ 白鷲(3)  旅に出たついでにシリンドルまで足を伸ばしてもいい。それくらの気持ちでいたタイオスは、思わぬ出来事に出会う。
 白鷲シリーズ第三弾、完結編。
我が街アーレイド ★★★★★ アーレイド(4)  穏やかな気候の平和な王城都市、アーレイド。しかしそこに、かつて街を脅かした影が再び落ちようとしていた。
 アーレイド・シリーズ第四弾、完結編。
報せを運ぶ者  アーレイド・シリーズ番外編。
本第二弾まで、及びビナレス第四弾まで読了推奨。
秘密 ★★  アーレイド・シリーズ番外編。
第三弾まで、及びビナレス第四弾読了推奨。
墨色の満月 ★★★★★ 白鷲(2)  伯爵から依頼の手紙を受け取った中年戦士は、首都に出向く。話は簡単なことのようで、ややこしそうでもあった。
 白鷲シリーズ第二弾。第一弾読了推奨。
旅の隊商 ★★★☆
中~長編集
(長さは一編の平均です)
   ビナレス・シリーズ番外編。「失せ物探し~」クレス、リン側の続編。
成就 ★★★  ビナレス・シリーズ番外編。第四弾読了推奨。
シリンディンの白鷲 ★★★★★ 白鷲(1)  シリンドル国の英雄〈白鷲〉。思いがけずそう呼びかけられた戦士は、否応なしに波瀾の渦に投げ込まれる。
 白鷲シリーズ第一弾。
掠め風 ★★★ アーレイド(3)  料理人見習いの若者は、ちょっとした縁でひとりの少女と知り合った。何気ない日常を送るはずだった彼は、しかし、とある事件に巻き込まれる。
 アーレイド・シリーズ第三弾。
魔女と黒猫 ★★☆
短~中編集
(長さは一編の平均です)
 イギリスの、ロンドンにほど近いようなどこかの町、という曖昧な設定の場所を舞台にした、新米魔女の少女と黒猫の物語。
 独立。
幸運の果実 ★★★★ アーレイド(2) 特に刺激など求めなくても、事件に巻き込まれることはある。年若い料理人が出会った人々と出来事とは。
 アーレイド・シリーズ第二弾。「失せ物~」の、アーレイド側続編。
竜寄せの声 ★★★★★ 竜(2)  語りものを演じて日々を暮らす青年が、あるとき耳にした噂。物語を伝えていた彼が、物語のような現実に遭遇していく。
 竜シリーズ第二弾。
北の島の魔法 ★★★★★ ビナレス(4)  死んだ誰かを思うことと、生きている誰かを思うこと。彼らがその境界を見極められぬまま、一年半が過ぎていた。
 ビナレス・シリーズ第四弾。
北の恋の魔法 ★★★★  「北の島の魔法」番外編。
南春抄 ★★★☆  ビナレス・シリーズ番外編。第三弾「風謡い」まで読了推奨。
薔薇の娘  ビナレス・シリーズ番外編。第三弾「風謡い」読了推奨。
失せ物探しの鏡 ★★★★ アーレイド(1)  「旅の隊商」前日譚、アーレイド・シリーズ第一弾。
 単行本。→Amazon.co.jp
星の見える家 ★★☆
短~中編集
(長さは一編の平均です)
 小さな町にやってきた青年と、荒れ果てた庭と、「センセイ」。「その家に近づくな」と人々は何故、言ったのか?
雰囲気ファンタジー。独立。
朱け色の刃 ★★★★★ ミランド(4)  ミランド・シリーズ第四弾、完結編。
煙の夢 ★★★☆  ビナレス・シリーズ番外編。第三弾「風謡い」まで読了推奨。
月の花 ★★★☆ 小さな田舎町で、青年ははじめてその男と出会った。それは、彼の運命の歯車が回り出した日だった。
 ビナレス・シリーズ番外編。第一弾「翡翠」読了推奨。
風謡いの首飾り ★★★★★ ビナレス(3)  「師匠」からの「宿題」を果たす最中に、青年魔術師エイルは〈風謡いの首飾り〉に出会った。
 ビナレス・シリーズ第三弾。
海の音  波の音を聞きながら、隻眼の少女はひとり海辺にたたずんだ。
 和風テイスト。独立短編。
風読みの冠 ★★★★★ ビナレス(2)  十年に一度の〈風神祭〉で行われる儀式のため、少年兵士ティルドは〈風読みの冠〉を受け取りに行く使命を受ける。
 ビナレス・シリーズ第二弾。
白露の幻 ★★★★★  行方を眩ませた恩師を探すため、青年神官リーンズは幻惑草〈白露の三本草〉を巡る事件に関わることになる。
 独立。
翡翠の宮殿 ★★★★★ ビナレス(1)  下町の少年エイルがかつて受けた〈翡翠の宮殿〉に関わる予言。突然に王城へと連れていかれた日から、彼の運命が回る。
 ビナレス・シリーズ第一弾。
花はいつも君のために ★★★★☆ ミランド(3) 女の子と楽しく遊んでいられればそれでいいと思っていた青年魔術師シアルーンに降ってくる、災い。
 ミランド・シリーズ第三弾。
凍れる夢 ★★☆
短~中編集
(長さは一編の平均です)
ミランド(2)  ヘレンが故郷を離れたのは「立派な魔術師になるため」と言うよりも、彼女を所有したがる町の男たちにうんざりしたからだった。
 ミランド・シリーズ第二弾。ファンタジー感は薄め。
竜宿る右目 ★★★★★ 竜(1)  平和に暮らしていたリーオン少年の運命に突然関わりだした暗い魔法。大切な姉を守るため、彼は不思議な人形師の力を借りることになる。
 竜シリーズ第一弾。
His name is Kew-Raid. ★★★★ ミランド(1)  夏の陽射しのもとを歩けば、雪の日の記憶は薄れるだろうか? 忘れ得ぬ過去を抱えながら、戦士キューは旅をする。
 ミランド・シリーズ第一弾。

 ご訪問有難うございます。

 管理人は〈果てなき世界〉フォアライアを舞台に、いろいろな話をを書き散らしています。

 ご意見ご感想ごツッコミ、何かありましたら、以下のフォームからお願いします。

文字化け対策:フォーム直リン
(上記フレーム内が日本語になっていない方用。
原因究明中ですが不明です。
この直リンでメールフォームのみのページに飛びますので、
そちらからお願いします)

オンライン小説検索サイトに登録しています
Newvel CaosParadise
Wandering Network

当サイトyuenに掲載されている/されたことのある全ての文章は
管理者たる一枝 唯(イチエダ・ユイ)に著作権があります。
そんなことを試みる奇特な人もいないと思いますが、
無断改変・引用・転載、いっさい禁止です。
全ての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
リンクはフリーです。http://uni.mimoza.jp/story/index.shtmlにどうぞ。
ご意見ご感想ご突っ込み歓迎です。
メールは上記フォームからお願いします。

yuen



yuen



yuen

0408666
Thank you for 390,000 hits.
オンライン小説サイトyuenへようこそ。
ご訪問ありがとうございます。

ここには、オリジナル小説を短編から長編まで取り混ぜておいてあります。
ジャンルは主にフォアライアという世界を舞台にした、ファンタジーと呼ばれるもの(Swords & Sorcery)です。

何を読もうか決まっていない初めての方はこちらの案内をどうぞ。






更新情報 / 現在進行中作品
~ 誰か、気にしてくれますか? ~



>>>お願い<<<
この管理人は、強調点が大好きです。
何かというと打ちたがります。
しかし、htmlファイル上では強調点はできません
(ルビはできますがIEのみ対応…多分)。
仕方がないので、イタリック(斜め文字)で表現していますが、
本来その上には強調点が打たれていると思ってください
書いた人間にしか意味がないであろうささいなニュアンスの違いですが、
お心にとめておいていただけるとありがたいです。


簡易設定
フォアライア  果てのなき広大なる世界フォアライアについて。
作品一覧
(新→旧)
  《長さの目安》
★:400字詰め原稿用紙で十~数十枚
★★★:同数十~百枚程度
★★★★★:文庫本数冊以上
《単独でも読めるか》
◎:単体作品、
または第一弾
○:関連作はあるが、
絡みは薄い
△:関連作との絡みが
多い
《シリーズ何作目?》
シリーズ名+数字
単:単独作品
番:番外編
過:過去編
 
翡翠の時軸 ★★★★★
(進行中)
ビナレス二期(2)  復旧中の下町で彼が出会った銀髪の少女は、果たして何者なのか。
クレイア姫の翡翠 ★★★★☆ ビナレス(5)  翡翠に関わる「使命」が、彼をかの魔除けと古代王家の物語に巻き込んだ。
竜守りし者 ★★★★★ 竜(3)  独りとなった身寄りのない少女は、しかし独りではなかった。
 竜シリーズ第三弾。
クレイフィザ・スタイル ★★★☆
短~中編集
(長さは一編の平均です)
 最新型のアンドロイド、LJ-5th。「リンツェロイド」と呼称されるそれらの作製、メンテナンス等を請け負う個人工房〈クレイフィザ〉に、様々な客が訪れる。
 現在、エピソード25まで。1~4は電子書籍化。→電子書店パピレス
氷の長き眠り ★★★☆☆ ポーティ(2)  吟遊詩人と異国の騎士は、「氷」の一語を手がかりにその洞窟へ向かった。
 ポーティ・シリーズ第二弾。
アバスターの継承者 ★★★★★  ナイリアン国の田舎で忙しいながらも平和に過ごしていた若者の日常は、ある日突然、急展開を迎えることになる。
 独立長編。
自転車サンタ ★★☆
短~中編集
(長さは一編の平均です)
 現代日本を舞台にした、自転車に乗るサンタの物語。
 独立。第一部は十代の少年少女と新米サンタのお話で、第二部からはファンタジー風味が強めに。
人形と円舞を ★★★☆  子供を慰めるために歌を歌ってくれという、それは単純な依頼のはずだった。吟遊詩人と魔術師の、運命の年の物語、第二弾。
 ビナレス・シリーズ番外編。第一弾及び「月の花」読了推奨。
船と海賊 ★★☆  港町で出会った少年は、人ならざる不思議な雰囲気を持っていた。伝説の船〈黄金の隼〉号とは。
 短~中編集。こちらの歌詞と設定からインスパイア。→【巡音ルカ】パイレーツ・ララバイ【オリジナル】(ニコニコ動画)
氷の塔の姫君 ★★★☆☆ ポーティ(1)  素敵な物語を探して旅に出た吟遊詩人は、塔に眠るお姫様御話を聞く。
 ポーティ・シリーズ第一弾。単独でも問題ないが、他シリーズとの繋がりもあり。
守りの剣 ★★★☆☆  わずかな魔力が自分の運命を翻弄すると、彼は半ば諦めていた。
「深の予言書」番外編。本編読了推奨。
深の予言書 ★★★★★ ビナレス二期(1)  師匠から「一人前」と認められた少年薬草師は、父と暮らした町を離れて旅に出ることにする。そのとき、運命の輪は既に回りはじめていた。
 ビナレス・シリーズ第二期第一弾。
偽りの楽園  彼女は認められ、祝福されて去った。笑って見送り、忘れるしかなかった。
 SF風味。独立短編。
 こちらの歌詞からインスパイア。→【巡音ルカ】碧空のレジスタンス 【オリジナル】(ニコニコ動画)
幻夜の影 ★★★★★ 白鷲(3)  旅に出たついでにシリンドルまで足を伸ばしてもいい。それくらの気持ちでいたタイオスは、思わぬ出来事に出会う。
 白鷲シリーズ第三弾、完結編。
我が街アーレイド ★★★★★ アーレイド(4)  穏やかな気候の平和な王城都市、アーレイド。しかしそこに、かつて街を脅かした影が再び落ちようとしていた。
 アーレイド・シリーズ第四弾、完結編。
報せを運ぶ者  アーレイド・シリーズ番外編。
本第二弾まで、及びビナレス第四弾まで読了推奨。
秘密 ★★  アーレイド・シリーズ番外編。
第三弾まで、及びビナレス第四弾読了推奨。
墨色の満月 ★★★★★ 白鷲(2)  伯爵から依頼の手紙を受け取った中年戦士は、首都に出向く。話は簡単なことのようで、ややこしそうでもあった。
 白鷲シリーズ第二弾。第一弾読了推奨。
旅の隊商 ★★★☆
中~長編集
(長さは一編の平均です)
   ビナレス・シリーズ番外編。「失せ物探し~」クレス、リン側の続編。
成就 ★★★  ビナレス・シリーズ番外編。第四弾読了推奨。
シリンディンの白鷲 ★★★★★ 白鷲(1)  シリンドル国の英雄〈白鷲〉。思いがけずそう呼びかけられた戦士は、否応なしに波瀾の渦に投げ込まれる。
 白鷲シリーズ第一弾。
掠め風 ★★★ アーレイド(3)  料理人見習いの若者は、ちょっとした縁でひとりの少女と知り合った。何気ない日常を送るはずだった彼は、しかし、とある事件に巻き込まれる。
 アーレイド・シリーズ第三弾。
魔女と黒猫 ★★☆
短~中編集
(長さは一編の平均です)
 イギリスの、ロンドンにほど近いようなどこかの町、という曖昧な設定の場所を舞台にした、新米魔女の少女と黒猫の物語。
 独立。
幸運の果実 ★★★★ アーレイド(2) 特に刺激など求めなくても、事件に巻き込まれることはある。年若い料理人が出会った人々と出来事とは。
 アーレイド・シリーズ第二弾。「失せ物~」の、アーレイド側続編。
竜寄せの声 ★★★★★ 竜(2)  語りものを演じて日々を暮らす青年が、あるとき耳にした噂。物語を伝えていた彼が、物語のような現実に遭遇していく。
 竜シリーズ第二弾。
北の島の魔法 ★★★★★ ビナレス(4)  死んだ誰かを思うことと、生きている誰かを思うこと。彼らがその境界を見極められぬまま、一年半が過ぎていた。
 ビナレス・シリーズ第四弾。
北の恋の魔法 ★★★★  「北の島の魔法」番外編。
南春抄 ★★★☆  ビナレス・シリーズ番外編。第三弾「風謡い」まで読了推奨。
薔薇の娘  ビナレス・シリーズ番外編。第三弾「風謡い」読了推奨。
失せ物探しの鏡 ★★★★ アーレイド(1)  「旅の隊商」前日譚、アーレイド・シリーズ第一弾。
 単行本。→Amazon.co.jp
星の見える家 ★★☆
短~中編集
(長さは一編の平均です)
 小さな町にやってきた青年と、荒れ果てた庭と、「センセイ」。「その家に近づくな」と人々は何故、言ったのか?
雰囲気ファンタジー。独立。
朱け色の刃 ★★★★★ ミランド(4)  ミランド・シリーズ第四弾、完結編。
煙の夢 ★★★☆  ビナレス・シリーズ番外編。第三弾「風謡い」まで読了推奨。
月の花 ★★★☆ 小さな田舎町で、青年ははじめてその男と出会った。それは、彼の運命の歯車が回り出した日だった。
 ビナレス・シリーズ番外編。第一弾「翡翠」読了推奨。
風謡いの首飾り ★★★★★ ビナレス(3)  「師匠」からの「宿題」を果たす最中に、青年魔術師エイルは〈風謡いの首飾り〉に出会った。
 ビナレス・シリーズ第三弾。
海の音  波の音を聞きながら、隻眼の少女はひとり海辺にたたずんだ。
 和風テイスト。独立短編。
風読みの冠 ★★★★★ ビナレス(2)  十年に一度の〈風神祭〉で行われる儀式のため、少年兵士ティルドは〈風読みの冠〉を受け取りに行く使命を受ける。
 ビナレス・シリーズ第二弾。
白露の幻 ★★★★★  行方を眩ませた恩師を探すため、青年神官リーンズは幻惑草〈白露の三本草〉を巡る事件に関わることになる。
 独立。
翡翠の宮殿 ★★★★★ ビナレス(1)  下町の少年エイルがかつて受けた〈翡翠の宮殿〉に関わる予言。突然に王城へと連れていかれた日から、彼の運命が回る。
 ビナレス・シリーズ第一弾。
花はいつも君のために ★★★★☆ ミランド(3) 女の子と楽しく遊んでいられればそれでいいと思っていた青年魔術師シアルーンに降ってくる、災い。
 ミランド・シリーズ第三弾。
凍れる夢 ★★☆
短~中編集
(長さは一編の平均です)
ミランド(2)  ヘレンが故郷を離れたのは「立派な魔術師になるため」と言うよりも、彼女を所有したがる町の男たちにうんざりしたからだった。
 ミランド・シリーズ第二弾。ファンタジー感は薄め。
竜宿る右目 ★★★★★ 竜(1)  平和に暮らしていたリーオン少年の運命に突然関わりだした暗い魔法。大切な姉を守るため、彼は不思議な人形師の力を借りることになる。
 竜シリーズ第一弾。
His name is Kew-Raid. ★★★★ ミランド(1)  夏の陽射しのもとを歩けば、雪の日の記憶は薄れるだろうか? 忘れ得ぬ過去を抱えながら、戦士キューは旅をする。
 ミランド・シリーズ第一弾。

 ご訪問有難うございます。

 管理人は〈果てなき世界〉フォアライアを舞台に、いろいろな話をを書き散らしています。

 ご意見ご感想ごツッコミ、何かありましたら、以下のフォームからお願いします。

文字化け対策:フォーム直リン
(上記フレーム内が日本語になっていない方用。
原因究明中ですが不明です。
この直リンでメールフォームのみのページに飛びますので、
そちらからお願いします)

オンライン小説検索サイトに登録しています
Newvel CaosParadise
Wandering Network

当サイトyuenに掲載されている/されたことのある全ての文章は
管理者たる一枝 唯(イチエダ・ユイ)に著作権があります。
そんなことを試みる奇特な人もいないと思いますが、
無断改変・引用・転載、いっさい禁止です。
全ての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
リンクはフリーです。http://uni.mimoza.jp/story/index.shtmlにどうぞ。
ご意見ご感想ご突っ込み歓迎です。
メールは上記フォームからお願いします。

yuen